『アイコンタクト』っている?いらない?!

先日、長女の高校の
オープンスクール(授業参観)で、
興味深い授業の数々の中で
『アイコンタクト』
についての授業がありました👁️
実際に体感ワークをしながら、
アイコンタクトについて学ぶ
とても面白い授業でした😊
Rhythm&Englishでも
発表教育を大事に、
プレゼンテーションルール』を
毎回確認して行っていますが、
その中でも
アイコンタクト』は
毎回しつこく
子どもたちに言っています👁️☝️
では、なぜ
アイコンタクトは
大切なのでしょうか?
これは、説明するより、
やはり体感した方が早い❗️ということで、
小学生低学年でも分かりやすいように
簡単な体感ワークをやってみました❗️
まずは、
ペアで『アイコンタクトなし
のまま、一人が日本語で1分間話し続ける。
(音声は消しています)
途中、どこを見たらいいか分からず、
私の方をチラチラ見たくなる場面も。。
1分後、感想を聞いてみると、
「楽しくない」
「さびしくなる」
といった声があがりました💨
次に、今度は、
アイコンタクトあり
で話してもらいました。
さっきと違い、
子どもたちの顔が一気に
に明るくなりました😄🌟
同じく感想を聞いてみると、
「楽しい♪︎」
「うれしくなる♡」
といった声があがりました😌
レッスンで、
「大事だよ!」「大切だよ!」
「これはルールだよ☝️」
ということは、
頭で聞かされるより
やっぱり、それが
『なぜか?』を体感する
のが一番早く分かりやすいですよね😌❗️
今回、小学生の別のクラスでも、
また、中学生クラスでは
アイコンタクトの細かいやり方なども
含めて、体感ワークをやってみました💨
Rhythm&Englishでは、
英語だけでなく、
たまにこうして、
生きていく上で大切なこと』や
社会的や道徳的なこと、も話をしたり
体感ワークを取り入れたりしながら、
レッスンをやっています🌟
『英語力』とともに、『人間力』
高めていきたいなと思っている私です☺️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。