泣きそうになったこと。

GWが明け、
子どもたちと久しぶり?に
またレッスンがスタートした今週😊💨
先日、当教室に通ってくださっている
生徒の保護者の方から、
とても嬉しいお言葉をいただきました❗️❗️
それは...
「子どもに、ただ英語を
 習わせたくて
 先生(私)の教室を
 選んだわけでは
 ありません...😌❗️」
「教室で発表教育を
 大事にされてること。
 英語力だけでなく、
 それ以外の大切な力
 養ってほしい、という
 思いから、こちらを
 選びました❗️」
 
というお言葉をいただき...
もう、嬉しくて、嬉しくて...😭💖‼️
「なので、場所や費用、
 スケジュールなどで
 通いやすいからといって、
 別の英語教室と
 比較検討する、という
 ことではないんです😊❗️」
それを聞いて、、
泣きそうなぐらい嬉しかったです...😭💖‼️
いや、半分泣いていたかも..?☺️
そう、私は
ただただ英語力、4技能を
教えたいだけ、ではありません。
もちろん4技能をバランスよく鍛え、
英語を使えるようなるのは、
今後の社会で必要不可欠になります。
ですが、ただ英語を理解し、
話せるようになるのではなく、
同時に
自己肯定感を高め、
どんな自分でも
自分に自信を持って
自己表現できる、
 
また、
いろんな考えを持つ
『多様化社会』の中で、
たくさんの人たち
それぞれの考えにも
興味を持って、
認め合って生きていける
国際人を育てたいのです🌏️☝❗️
お子さんに習い事を検討する際、
どんなことを考えますか?
 
どんなことをやらせてあげたいですか?
お子さんの性格、興味。
お子さんの将来。
身に付けさせたいスキル。
様々なことを考えた上で
英語を選ばれた場合、
英語は必要だから、
将来苦労しないように、という
考えの方もいらっしゃると思います。
でも、
英語の成績が良くても
コミュニケーションが苦手な
日本人はたくさんいます。
実は私も学生時代、
そうでした...😓💧
音楽畑で育ち、英語教室に
通ったことはありませんでしたが、
中学・高校、と英語は得意でした。
テストの成績が良ければ
海外に行っても英語は楽に通じる、と
おかしな自信でいざ海外に行ってみたら、、
見事にその自信はズタボロに
壊されました。。
私より、英語の語彙力や
発音がうまくない人でも、
私なんかよりずっと楽しく
外国人とコミュニケーションを
取っている人たちがたくさんいる現実。
自分に自信をなくし、
自己表現どころか、
相手の話を聞くことさえ
勇気がもてず、殻に閉じこもって
ひたすら泣いていたこともあります。
そこではじめて...
私が受けてきた英語教育は
私がやりたかった、
理想としていたものではなかったのだと
気づきました。。
英語を読める、書ける、理解する、
スコアの取れる英語力ではなく、
もっとシンプルなこと。
自分の意見を持つこと。
 
周りの人、物に
興味を持つこと。
 
表現方法が分かること。
 
そして、
自信を持つこと。
これが土台になければ、
いくら学力としての
英語力をつけても、
『国際人』にはなれません。
シンプルなこと、
でもそれを、どうやって
身に付けさせますか?
当教室は、それを土台に
柔軟な発想力や創造力を高め、
コミュニケーションのための
ツールとして、
英語を教えています😊☝❗️
英語教室に通われている方、
あなたは「どうして」「何を目的に」
英語を学んでいますか...?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。